観光バスのドライバーの求人を探してみよう

住宅

観光バスドライバーの楽しみ

運転するも好きだけど、旅行するのも好きという方に良い職種があります。観光バスです。観光バスの運転手の楽しみの一つとして、お客と共に観光地に行く事が出来ることです。当然バスから離れて観光地巡りまでは行なえませんが、それでもたくさんの観光地に行けるのは観光バスドライバーの特権と言えるでしょう。

運転手必要な第二種免許の取得手順

年齢制限をクリアする

タクシー運転手やバスドライバーなどの様々な運転手に必要になる第二種免許の取得には満21歳という年齢に達しておかなければなりません。この年齢制限をクリアすることが第一条件になるのです。

運転技術も必要になる

満21歳になれば免許取得の資格を得る事が出来ますが、年齢の他にも3年以上の運転経験が必要になります。そのため運転に対する技術と経験を身につけておかなければ年齢をクリアしても意味が無いのです。

教習所に通って取得する

第二種免許は教習所で取得することが可能です。また元々大型免許を持っている場合は教習所で修了検定を受ける必要がなく、他の第二種免許があれば学科受講も必要ないとされています。

一発試験に挑戦する方法

一発試験という方法で第二種免許を取得することも可能です。しかし、一発試験では熟練のドライバーでも合格するのが困難とされており何度も試験に挑戦して初めて合格するレベルになっています。

合宿免許で効率よく取得

合宿免許では最短で第二種免許を取得することが出来ます。しかし、合宿を行うのでスケジュールの調整は必要になります。またタクシー会社やバス会社によっては採用後に研修で取得させる場合もあるので調べておきましょう。

観光バスドライバーの求人

標識

観光バスドライバーの求人

観光バスの運転手を募集している求人はいくつもあります。基本的に路線バスと同様に二種免許や大型、中型免許を持っておく必要がありますが、観光客を乗せることが多いので土地の知識も必要になります。

バスの運転以外にも仕事がある

ドライバーの仕事といえばお客を目的地に運ぶことになるのですが、運転以外にもバスの清掃や接客といったことを行う必要があります。サービス業としておもてなしの心も重要になるのです。

泊まり込みの仕事もある

観光バスでは様々な観光地に行かなくてはなりません。遠くの観光地に行く場合には観光地のホテルに泊まり込みを行わなければいけない場合もあるのでその点もしっかりと把握しておきましょう。