役員運転手に必要なのは一流のおもてなし

住宅

役員運転手になるには

タクシー

役員運転手の内容と業務について

役員運転手は、1人のお客様に対して付き添う運転手になります。お客のスケジュールに合わせて行動をしなくてはならないので、一分一秒も無駄に出来ない仕事と言えるでしょう。

安全運転はできて当たり前

役員運転手には高い能力が求められます。運転に関しては安全運転ができて当たり前ですし、言葉使いや守秘義務の徹底も行う必要があります。興味本位でなろうとしてもなれない特別な運転手なのです。

お客の好みになりきる

お客に好かれるために役員運転手は様々な努力を行う必要があります。客の好みや性格を見極め、満足させるようにしなければならないのです。一流のおもてなしを常に心がけるようにしましょう。

役員運転手になるには

役員運転手になるには求人募集に応募する必要があります。通常のドライバーとは異なるので実務経験や資格、学歴や人格などの様々な観点から判断されるようです。年齢に関しても若い方より中年のほうが採用されやすいという傾向があります。

運転手に求められる資質ランキング

no.1

運転の技術・安全運転

人を乗せる仕事がメインの運転手では、第一に安全が重要になってきます。事故を起こさないことがドライバーに求められる資質として最も高いものになっているのです。

no.2

プロ意識・責任感

運転をしているだけではなく、人を乗せているという実感を持って仕事を行う必要があります。サービス業の一環としてプロの意識や責任感は運転手にとって重要な資質になります。

no.3

接客態度・マナーやモラル

お客さんに対しての言葉使いや気遣いは会社のイメージにも繋がります。そのためマナーやモラルも資質として求められるのです。人柄の良い運転手は指名されることもあるので出世にも繫がるでしょう。

no.4

時間の管理・定時運行

バスの運転手に多く求められる資質になりますが、定時運行や時間の管理は利用するお客の生活にも影響します。混み合う時間を予測して車線を変更したりする判断も重要になりますね。

no.5

臨機応変に対応する

お客が行き先を間違えた場合でも最短ルートで戻れるようにしたり、忘れ物がないか降車する場合にも必ず確認するようにするのも必要な資質になります。お客に合わせて自分を変えて対応する柔軟性が求められています。